綺麗になりたい方は必見|毛穴を無くせる化粧水がある

婦人

乾いた肌への対策

美容液

角質層の水分が蒸発

粉をふき、カサカサなってしまう乾燥肌を悩みの種にしている人は多いでしょう。ですが、そもそも乾燥肌とはどういう過程を経てなるものなのかを的確に理解し説明できる人はあまり多くありません。身近なスキントラブルでありながら、身近すぎてかえってピンと来ない部分があるのかもしれません。基本的に健康な人間の肌には、角質層と呼ばれる部分におよそ30%の水分が含まれています。その水分量が30%を下回った状態を一般的に乾燥肌と呼ぶのです。周囲の空気が乾いている状況で、さらに湿度が低い場合に、角質層から水分が蒸発しやすくなるのです。それに該当する季節は冬ですが、乾燥肌は決して冬の期間のみのトラブルではなく、一年中を通じて悩まされる事も多いです。それゆえに、適切なスキンケアを施す必要があります。

保湿の重要性

乾燥肌に有効的なスキンケアとは何でしょう。その答えは保湿です。肌の水分が蒸発して失われて行くのならば、その分の水分を与えれば良いわけです。しかしここで一つ注意点があります。化粧水などで水分を与えただけでは保湿とは呼べません。保湿とは読んで字のごとく「湿気を保つ」事を意味するのです。与えた水分をいかに保つかが肝要なのです。化粧水で水分を補給し肌を潤したら、その上から乳液などで蓋をし、水分を肌に閉じ込める方法がスキンケアの基本と言えます。尚、顔は各部位ごとに皮脂や水分量が異なるため、気になる部分はより入念にケアを施さねばなりません。さもなくば、鼻は脂っぽのに頬やあごはカサついているという極端なコントラストが生まれる事もあるので、鏡とにらめっこしながら自分の肌の特色をしっかりと把握しましょう。